FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19歳で若年性脳梗塞「車いすバスケに燃える」

試合車椅子バスケ


お正月久しぶりに甥っ子に会い痩せた理由を聞くと車椅子バスケと、仕事でかなり身体を動かしているから痩せたとか。
車椅子バスケで甥っ子は以前はセンターをしていてが、今のポジションはバランスをとりながら上体を大きく使いシュートを打つパワーフォワードをしています。


練習は週2回、かなりキツイ練習でTシャツはそんなに汗はかかないがバスパンはこの寒い中でもビショビショになるくらい汗をかきます。やはり車椅子なので下半身に汗をかくようです。


試合は、名古屋や、石川県、と日本全国と飛び回り車椅子バスケ日本代表の選手とも一緒に試合しています。
日本代表の人の写真を見せてもらいましたが腕と、胸の筋肉がすごい!


甥っ子の身体もいい体格をしているが、日本代表選手はやはり太さが違います。
甥っ子は背も高く腕も長いのでシュートを構えると誰もボールまで届かずボール取ることができません。


しかし5秒以内でシュートを決めなければいけないルールがあり、左手しか動かない甥っ子は「5秒の間にシュートを入れるのが難しく時間オーバーしてしまうねん、片手でシュートは難しいねん!なかなかシュート入らん!」と悔しそうに話します。


車椅子は甥っ子はみんな両手でタイヤを動かすのに対し右手は使えないので左手だけになり手の平はまめだらけでした。テーピングをまいてると言いますが、すごい力で車椅子を動かしいるのが手を見てわかります。


ルールは普通のバスケとルールは全く一緒ですが、少し違った所もありました。
車椅子バスケは色んな障がいを持つ人がプレイします。なので平等に試合するためのルールがあると甥っ子は教えてくれました。
*1番重い障がいがある人は1点、その次が2点、3点、4点となり、健常者が5点となります
*試合には5人出れますが、5人合わせて15点以内にしなければならないらしく甥っ子は「俺は1点やから1番いいねん」とまたニコやかに話します。


車椅子バスケの試合に行きたいなあと息子と言ってるのですがなかなか公式戦となると遠くて行けません。練習試合は近くであると言ってるので行きましたら次回報告したいと思います。
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。