FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19歳で若年性脳梗塞「神様どうして!突然の悲劇」

久しぶりに旦那の実家に帰ると、旦那のお兄さん家族もきていました。旦那の兄夫婦には子供が2人、27歳の女の子と24歳の男の子がいます。


私から見ると甥っ子になりますが、この甥っ子が私の家族に前向きに生きるという意味をを教えてくれました。


辛い時甥っ子の事を思うと負けてられない頑張らないと!と。
少しでも甥っ子が頑張ってる姿を知ってほしいと思い書くことにしました。



甥っ子は、19歳の時、突然「脳梗塞」になってしまいました。


甥っ子はごくごく普通の今ドキのかっこいい、アイドルで喩えるならキスマイの藤ヶ谷君タイプの茶髪でとてもオシャレな男の子です。


甥っ子は知り合いの人からの紹介で建築関係の仕事をするようになり、朝早くから夜遅くまで仕事を頑張っていました。


すらりとした身長180cm超で、周りが風邪をひいていても甥っ子だけはうつらず、健康には自信があったといいます。もちろん健康診断でもひっかかったことはなかったと聞いてます。なのに・・・



悲劇は仕事中におとずれました。時期は夏の初め頃でした。休憩をしようとちょっと座り休んだところ急にフラフラとなり目がぐるぐるまわり倒れてしまったんです。


周りの人もみんな、熱中症かなと思いすぐ救急車を呼び近くの病院に運ばれました。


そして病院からお姉さんの所に(甥っ子のお母さん)電話がありました。
「脳梗塞のため、詰まってるところを流す薬を、お母さんの承諾がないと出来ないのです、早くしないのいけないのですがしてもいいですか?」



といわれすぐ*この点滴をしてもらう事になりました。



(*「血栓溶解療法」脳血管がつまって障害をうけた脳細胞は早めに血液の流れを回復させることで機能回復が可能になる。この薬は症状が出現してから3時間以内に使用することが肝心。3時間を超えてしまうと脳出血を起こす危険性が高まってしまう)


医師からは「3日が山だ」と言われ、この3日を乗り越えないと命も危ないと言われていました。


*脳梗塞とは脳の血管が詰まったり、何かの原因で脳の血の巡りが正常の5分の1から10分の1くらいに低下し、脳組織が酸素欠乏や栄養不足に陥りその状態がある程度の時間続いた結果その部分の脳組織が壊死してしまったものをいいます。

*症状の現れ方は意識障害、片麻痺、片側の手足や顔面の感覚障害、言語障害、失語症などがあります。



私には全くピンときませんでした。今まで元気で、バスケもしていて、健康優良児の見本のような甥っ子が脳梗塞だなんて、しかもまだ19歳なのに、、、、信じられません、こんなこと現実にあるなんて。

その2に続く


最後まで読んでいただきありがとうございました
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
19歳で若年性脳梗塞2「生死をさまよう」 | Home | 初めての方へ

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。