FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19歳で若年性脳梗塞6「リハビリの成果」

甥っ子の顔を見たくて、私は毎週日曜日にお見舞いに行きました。
会うたびに元気になっていました。


訓練も始まり頑張ってる姿がありました。
このとき脳の手術をした病院から隣に隣接しているリハビリ病院に転院しました。


回復の目安として
発症後1ヶ月までが比較的回復しやすく、その後回復が鈍り、3ヶ月で8~9割、6ヶ月で9割以上の回復が終了します。一般的には6ヶ月以降の回復はほとんどないといってよいのですが、廃用による筋力低下の要素が関与している場合は改善の余地があります。


お見舞いに行くと脳のリハビリとしてオセロをしたり、折り紙を一緒に折ったりして遊びました。オセロは甥っ子はなかなか強く負けてしまいました。


お箸は、左手で食べる練習も順調で日に日に左手が器用になってます。
服を着替える時、右手の代わりに口で袖を噛んで着替える練習、ひらがなも「あいうえお」から数字も1から頑張って覚えるリハビリを始めていきました。


折り紙を左手と口を使って鶴を折って見せてくれた時は涙がでました。
人間の能力とは本当にすごい。左手、指一本一本を器用に使ってその姿が忘れられません。


そうして歩く練習が始まりました。足は倒れた時は歩くことは難しいかもしれない、と先生に言われていましたが杖をついて少しずつ歩くことが出来るようになってきたのです。すごいです!



退院する頃

言葉・・・・ゆっくりですがしっかり話せるようになりました。数字や、ひらがなはまだスラスラ読む事はできませんが会話はスムーズに話すことが出来るようになりました。


歩く・・・・足に力が入らないのでゆっくり、ほんの少しの距離なら杖をついて歩くことができました。車いす生活を覚悟していましたが光がみえてきました。


右手・・・・寝てると、たまに手を両手上げてる時があったようですが、まだ動きません。指は動きませんが腕には少し力が出てきました。


生死をさまよい、ここまで回復できるなんてあの、ICUにいた時からは想像も出来ないくらい回復して退院しました。


次は回復期です。自宅近くのリハビリ病院に転院することになしました。


急性期のリハビリテーション・・・発症から約一ヶ月半(廃用症候群をふせぐことが目的)
*ベッドの上で手足を動かします。(関節可動域訓練)
*ベッドに座る.座位訓練)
*食べ物を飲み込む(嚥下訓練)
*立つ(立位訓練)


その7へ続く
今日も読んでいただきありがとうございました
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
19歳で若年性脳梗塞7「転院しリハビリを頑張る姿からの出会い」 | Home | 19歳で若年性脳梗塞5「家族の生活は?心境は?」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。