FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19歳で若年性脳梗塞7「転院しリハビリを頑張る姿からの出会い」

パズル
甥っ子が作ったパズル


甥っ子が脳梗塞になって3ヶ月ちょっとで無事退院し、次は家の近くの病院に転院する事になりました。これからは回復期でのリハビリを頑張る時期です。


先生からは、「車椅子の生活になることも覚悟してください」と初めは言われましたが、装具を付けると歩くことも出来るまで回復しました。



言葉は、まだ詰まることが多いですが、ゆっくりですが会話も普通に出来るようになりました。


次のリハビリ病院では、週末には家に帰って来るというので落ち着いた頃、甥っ子の顔を見にきました。



久しぶりに会うと、手術の為に刈った髪の毛が伸び、顔面麻痺もずいぶん良くなっていて、以前の甥っ子に戻っていました。ただ、ちょっと太ったかな。


<家の中も甥っ子仕様に変化>

•お兄さんが木で作った手作りリハビリ道具がいろいろ(穴に棒を差し込むリハビリ道具)
•お風呂にはひらがなや数字が書いたポスター
•完成したパズルがいくつか飾られている




携帯で文章を打つのもリハビリらしく、何度かメールを送ってみましたが、やはり長い文章を考えるのは、難しそうで「はい、ありがとう、わかりました」と返信がきました。甥っ子の友達からきたメールはお姉さんが甥っ子と文章を相談して返信していました。


数字は不思議に、お金の計算はパッパと出来るようで、自分の持っていた給料とか貯金もしっかり覚えていて今自分が持ってる貯金は計算できているようでした。


しかし、数を数えることは少しむずかしいようです。例えば9という数字を言う時、「いち、に、さん....」と指で順番に9までゆっくり数えていきます。数字を覚えようとする幼子のように…。


お兄さんとお姉さんは、時間ができると右手にいつもテニスボールを持たせ手のひらを開いたり、閉じたり少しでもリハビリさせ「回復させたい、回復して欲しい」と必死でした。


しかし甥っ子は、残念ながらあまりリハビリを自ら率先してする様子がありません。


でも指先は動きませんがゆっくりならテニスボールも少し握ることが出来るようになり、腕の力もかなり出てきました。お姉さんは時間がある時は甥っ子の右手をずーっとマッサージしています。


壁にはリハビリのために作られたパズルが沢山あり、頑張ってる様子を実感しました。こんなにもお兄さん、お姉さんが頑張ってリハビリしていても、やはり本人にやる気が出ないと良くはならないんです。


甥っ子なりに頑張っているのはわかるのですが、もっともっと頑張ってほしいのが家族の願いでした。


足は装具のおかげで日に日に、沢山歩けるようになりましたが右手はなかなか順調には行きません。


しかし辛い話ばかりではありません


甥っ子は昔から背も高くおしゃれでカッコよかったので女の子には人気がありました。


実はこうやって、転院した病院でリハビリを通い続けて行くうちに、理学療法士として働いてる可愛い、3つ年上の、甥っ子にとって最高の彼女が出来たんです!



回復期のリハビリテーションというのは・・・
入院から約6か月まで自宅へ帰って生活ができるようになるのが目的です。


*理学療法
理学療法士の指導のもと、おもに歩行を中心とした体の大きな動きを訓練します。
平行棒を使った歩行訓練や、階段の上り下りのほか腹筋運動など筋力を強化する運動、体の柔軟性を高めるストレッチングなどが行われます。

*作業療法
食事や入浴・トイレや着替えなどのいわゆる「日常生活動作」を含めたすべての生活動作を視野に入れ、さまざまな器具・道具(自助具)を使った「作業」とよばれる動作訓練により、その機能の回復と向上をめざすものです。
患者の家族に対しては、転倒予防のための室内環境整備や福祉用具の選択、あるいは日々の介助方法にかかわるアドバイスなどが行われます。

*言語聴覚療法
聞く・話す・読む・書くといった機能が脳梗塞後にどの程度失われたか、あるいは保たれているかをチェックしたうえで、個々の患者の状況に応じた訓練が行われることになります。


言語聴覚士による訓練以外にも、回復の度合いに応じて、家族が患者と日常生活上のコミュニケーションをとる機会を少しづつ増やしていくなどの時間をかけた対応が必要になります。


脳梗塞によって、食べ物や飲み物がうまく咀嚼・飲み込めなくなる「摂食・嚥下(えんげ)障害」になる場合がありますが、その機能回復のための訓練も、言語聴覚療法として行われます。



その8へ続く
今日も読んでいただきありがとうございました
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ
パズル
甥っ子が作ったパズル


甥っ子が脳梗塞になって3ヶ月ちょっとで無事退院し、次は家の近くの病院でに転院する事になりました。次は回復期でのリハビリを頑張る時期です。


先生からは、車椅子の生活になることも覚悟してくださいと初めは言われましたが、装具を付けると歩くことも出来るまで回復しました。


装具.gif


言葉は、まだ詰まる事が多いですが、ゆっくりですが会話も普通に出来るようになりました。
次のリハビリ病院では、週末には家に帰ってくるというので落ち着いた頃、甥っ子の顔を見にきました。



久しぶりに会うと、手術の為に髪の毛を剃った髪の毛が伸び、顔面麻痺もずいぶん良くなっていて、以前の甥っ子に戻っていました。ただ、ちょっと太ったかな。


<家の中も甥っ子仕様に変化>

•お兄さんが木で作った手作りリハビリ道具がいろいろ(穴に棒を差し込むリハビリ道具)
•お風呂にはひらがなや数字が書いたポスター
•完成したパズルがいくつか飾られている

パズル.jpg
甥っ子が作った1000ピースパズル


携帯で文章を打つのもリハビリらしく、何度かメールを送ってみましたが、やはり長い文章を考えるのは、難しそうで「はい、ありがとう、わかりました」と返信がきました。甥っ子の友達からきたメールはお姉さんが甥っ子と文章を相談して返信していました。


数字は不思議に、お金の計算はパッパと出来るようで、自分の持っていた給料とか貯金もしっかり覚えていて今自分が持ってる貯金は計算できているようでした。


しかし、数を数えることは少しむずかしいようです。例えば9と言う数字を言う時、「いち、に、さん....」と指で順番に9までゆっくり数えていきます。数字を覚えようとする幼子のように…。


お兄さんとお姉さんは、時間ができると右手にいつもテニスボールを持たせ手のひらを開いたり、閉じたり少しでもリハビリさせ回復させたい欲しいと必死でした。


しかし甥っ子は、残念ながらあまりリハビリを自ら率先してする様子がありません。


でも指先は動きませんがゆっくりならテニスボールも少し握る事が出来るようになり、腕の力もかなり出てきました。お姉さんは時間がある時は甥っ子の右手をずーっとマッサージしています。


壁にはリハビリのために作られたパズルが沢山あり、頑張ってる様子を実感しました。こんなにもお兄さん、お姉さんが頑張ってリハビリしていても、やはり本人にやる気が出ないと良くはならないんです。甥っ子なりに頑張っているのはわかるのですが、もっともっと頑張ってほしいのが家族の願いでした。


足は装具のおかげで日に日に、沢山歩けるようになりましたが右手はなかなか順調には行きません。


しかし辛い話ばかりではありません


甥っ子は昔から背も高くお洒落でかっこよかったので女の子には人気がありました。
実はこうやって、転院した病院でリハビリを通い続けて行くうちに、理学療法士として働いてる可愛い、3つ年上の甥っ子にとって最高の彼女が出来たんです!



回復期のリハビリテーションというのは・・・
入院から約6か月まで自宅へ帰って生活ができるようになるのが目的です。


*理学療法
理学療法士の指導のもと、おもに歩行を中心とした体の大きな動きを訓練します。
平行棒を使った歩行訓練や、階段の上り下りのほか腹筋運動など筋力を強化する運動、体の柔軟性を高めるストレッチングなどが行われます。

*作業療法
食事や入浴・トイレや着替えなどのいわゆる「日常生活動作」を含めたすべての生活動作を視野に入れ、さまざまな器具・道具(自助具)を使った「作業」とよばれる動作訓練により、その機能の回復と向上をめざすものです。
患者の家族に対しては、転倒予防のための室内環境整備や福祉用具の選択、あるいは日々の介助方法にかかわるアドバイスなどが行われます。

*言語聴覚療法
聞く・話す・読む・書くといった機能が脳梗塞後にどの程度失われたか、あるいは保たれているかをチェックしたうえで、個々の患者の状況に応じた訓練が行われることになります。


言語聴覚士による訓練以外にも、回復の度合いに応じて、家族が患者と日常生活上のコミュニケーションをとる機会を少しづつ増やしていくなどの時間をかけた対応が必要になります。


脳梗塞によって、食べ物や飲み物がうまく咀嚼・飲み込めなくなる「摂食・嚥下(えんげ)障害」になる場合がありますが、その機能回復のための訓練も、言語聴覚療法として行われます。

その8へ続く


今日も読んでいただきありがとうございました
にほんブログ村 病気ブログ 脳卒中・脳梗塞へ




19歳で脳梗塞8「理学療法士の運命の彼女ができた~」 | Home | 19歳で若年性脳梗塞6「リハビリの成果」

コメント

コメントの投稿


非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。